まいにち奮闘!! アマタケのひと手間。
hitotema story

story18:孵卵部元気なヒナを送り出す。

元気なヒナを送り出す。

私は、孵卵場で働いています。
孵卵機に入れれば、3週間後には勝手にヒナになるだろうと思っていた私ですが、
孵卵機に入れるまでが大変でした。

産みたての卵を1日4回集めて来て、消毒。
卵の重さを1つ1つ量り、同じ重さごとにカゴに入れる。
それから孵卵機の中に卵を入れます。
3週間して無事にヒナがかえると嬉しいです。外までヒナの声が聞こえてきます。

1羽1羽ヒナを選別して農場に元気な状態で送り出す。
私が大切にしていることは、卵1つを大切にあつかって1羽でも多くヒナにすること。
良いヒナを発生させるために清潔に掃除と消毒を行います。
毎日やることがたくさんあるので、チームワークが1番大切です。
お互い助け合いながら毎日過ごしています。

(孵卵部孵卵課 山田 加奈子)