まいにち奮闘!! アマタケのひと手間。
hitotema story

story51:加工技術開発部始まったばかり! 鴨生ハム。

始まったばかり! 鴨生ハム。

7月より「鴨生ハム」の販売を始めました!
大船渡工場に新設した製造室、包装室でつくった製品です。
2020年2月に出展したSMトレードショーで味の評価がよく、
多くのバイヤー様より販売したいとお話を頂きました。

岩手の田野畑村にある農場で育てている「岩手がも」でつくっています。
むね肉を農場でステーキカットし、大船渡工場に運び、血液をていねいに抜きます。
食塩、砂糖、香辛料等で漬込み、熟成させます。
鴨肉の凝縮したコクと旨味が特徴です。

スライスタイプですので、開封後すぐに食べることができ、便利です。
メロンやぶどう等のフルーツ、野菜やピクルス、チーズと合わせて、サラダとして盛り付け。
オリーブオイル等でおいしく召し上がれます。
サンドイッチにはさんでもおいしくいただけます。

鴨生ハムは「非加熱食肉製品」に分類され、
保健所に製造施設の申請後に認可された新規事業です。
大手ハムメーカーにおられた常務の指導を受けながら、
品質管理部の指導、検査結果を受けた衛生、工程管理を行っています。
また、製造にあたっては部長代行、 課長に相談し、
難しい工程をこなしてくれる製造四課のメンバーともよく打ち合わせをしながら、
よりおいしい商品づくりをすすめていきたいと思います。

まだ、販売が始まったばかりです。

塩分の加減が、あい鴨肉のまろやかさを引出します。
厚生労働省の食肉製品の製造基準で15%以上の塩漬けが決まっていますので、
どうしても塩味が出てしまいます。
尖って感じる塩気の改善を重ねてきました。
引き続き、塩分に注意した製造の研究をすすめていきたいと思います。

(加工技術開発部 藤原 清)