まるごとジューシー南部どり

お取扱い店

interview 2016.2.24

与野フードセンター/平野雄一様

与野フードセンター
お取引させていただいて40年。
精肉担当バイヤーの平野雄一様にお話を伺いました!

アマタケと与野フードセンター様との取引は1976年3月に始まりました。
ちょうど40周年を迎えます。毎年秋に開催して下さる「南部どりフェア」は昨年で18回を迎え、これからも歴史を築いてくださる大切なお取引先です。

南部どりの印象を、お話いただけますか?

長年ずっと信頼してやり続けてきた商品。お客様に対して自信を持って売れる商品だと思っています。あるブランドをコーナー展開しても、それを維持するのはなかなか難しいのですが、南部どりは崩れない。それだけ店がきっちりやってくれる。
長期取扱いの歴史もあるのかもしれないが、お店は素直で、この商品が売れないとか支持されていないと感じれば、すぐ自然に発注ってしなくなる。それがないから、お店も南部どりに自信を持っていると思います。

約30年ほど前に自社でお客様に産地見学などのモニター体験をしていただく企画をしていたのですが、参加されたお客様にアマタケの印象がとても残っていて、今でも、来店時に話題に出たりします。
お客様も親から子の世代へ受け継がれ、2世代が来店してくださっています。

アマタケの営業マンの印象は、どうでしょうか?
率直にお願いします^^

非常にみんな真面目ですね。
アマタケさんの営業の人の力を一番感じるのはメニュー提案かな。オリジナルで作って持ってきてくれる。売り方も含めて考えてくれるので非常に助かっています。今後もメニューを打ち出しながらの提案を、ぜひよろしくお願いします。
他のメーカーはなかなか出てこないです。

ありがとうございます!
今後のアマタケ、商品、営業マンに期待することは何ですか?

来年も南部どりをリニューアルするという話を伺いました。定期的に南部どりは進化させていって欲しいですね。お店でもお客様から「南部どり、おいしくなったね。」と言われるように、お客様からも分かる価値を追求してほしいです。
簡便商品やカット商品も、そのまま売るのではなくこうやってアレンジすれば売れますよという商品を売り方と共にお店に提案してほしいです。

今年、力を入れたいと考えてらっしゃることがありましたら
お聞かせいただけますか?

今年は岩手がもを強く打ち出して売っていきたいと思っています。来年、岩手がももリニューアルとなった時にインパクトが違うじゃないですか。
直近でも、販促イベントとして、試食大会、節分そば、バレンタイン「あい鴨&愛情」を実施して頂きました。(↓店舗での売場の様子)

shop01_2

shop01_3


励みになるお言葉をたくさんいただきました!!
お忙しい中、ありがとうございました。
これからも末永く、どうぞよろしくお願い申し上げます。