story 82:東北営業グループ

心に残る、おもてなしのラリー。

毎年2月に開催されるSMTS(スーパーマーケットトレードショー)は、スーパーマーケットを中心とする食品流通業界に最新の情報を発信する展示会です。
全国の商社、中食、外食など多数のバイヤーがご来場されるので新たな得意先や様々なビジネスチャンスにもつながる重要な機会です。今年は3日間で6万人を超える来場者となりました。SMTSに向けて一人でも多く来場していただけるように、1月頃から各企業様へ招待券を渡し、ご案内をしています。

現在取り引きのある企業様はもちろんですが、SMTSを通じてアマタケの商品に初めて興味をもってくださる企業様も多く、限られた時間の中でアマタケ商品の良さ、すばらしさを伝え「今後、アマタケの商品を使いたい、購入してみたい」と感じてもらえるか、「心に残るおもてなしができるか」が、営業部門の大切な役割だと感じます。

今年は、フランス大使館にお勤めの日本の方や海外の方も来場され、アマタケブースを見てとても感銘を受けておられました。現在、アマタケが育てているフランス赤鶏を日本だけでなく、世界の方々にも食べて頂き、アマタケの価値を伝えていければと思います。

私は、名刺に「常に笑顔で対応。お客様とのラリーを大切に。」という言葉を入れています。こちらから商品の特徴や提案を伝えるだけでなく、お客様やバイヤー様がどういった商品を求めているかを商談の会話の中で感じ取り、販売につなげられるように、一人ひとりに寄り添っていける営業活動をこれからも心がけていきたいです。

(東北営業グループ 福泉 達也)